しわ 乾燥

肌の乾燥に要注意!しわの原因となる乾燥を防止して小じわを解消!!

目の周りに増えてきたしわ。「20代の頃は気にならなかったのに・・・」とお悩みの女性は多くいらっしゃるでしょう。実はその小じわ、乾燥が原因かもしれません!

 

乾燥によるしわは、しっかりケアしてあげる事で解消する事ができます。そこで今回は乾燥がしわを生む理由と、ケア方法についてご紹介していきます。あなたのお悩みを1日でも早く解消できるよう、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

肌が乾燥するとしわができるのは何故?

 

肌が乾燥し水分や皮脂量が減少すると、これ以上潤いを失わないようにする為に、肌は角質細胞を増殖します。すると角質層のキメが乱れ、隙間ができてしまいます。この隙間こそが乾燥じわの正体なのです。

 

乾燥じわは目の周り・口の周り・おでこ等にできやすく、指で皮膚を引っ張ると見えなくなる程細かいです。しかし数が増えると、しわとしわが繋がって太くなり、今よりもっと目立ってしまいます。よって小さい乾燥じわの時に、きちんと対処しておきましょう。

 

乾燥によるしわを改善する方法を教えて!!

 

*保湿する*

 

乾燥によるしわは、角質層に十分な潤いを与える事で改善する事ができます。保湿効果の高い化粧品を使用し、しっかり保湿しましょう。「セラミド」や「ヒアルロン酸」入りの化粧水・美容液・クリーム等がオススメですよ。

 

*マッサージする*

 

保湿ケアでクリームを塗った際は、顔のマッサージを取り入れてみましょう。マッサージを継続して行う事で、効果が実感できますよ!マッサージ方法は簡単ですので、下記をご参考に今日からチャレンジしてみて下さい。

 

1:両手の薬指を眉間に置き、半円を描くように指を交互に動かしてしわをほぐす
2:両手の薬指を目尻のしわ部分に置き、力を入れずに指を交互に動かしてしわをほぐす

 

*紫外線対策を行う・摩擦を軽減する*

 

肌の乾燥で角質細胞が増殖し、しわが生じるという事は、ターンオーバーの周期が乱れている証拠です。この乱れたターンオーバー周期を正常な状態に戻す事も大切です。ターンオーバーの乱れは生活習慣の悪化等でも生じますが、外的刺激にも注意しましょう。

 

外的刺激とは紫外線や摩擦等を指します。まず紫外線による刺激を軽減する為に、紫外線対策は1年を通して行いましょう。日焼け止めを塗る・帽子をかぶる・日傘を差す等の対策をしっかり行って下さいね。

 

又、摩擦による刺激を軽減する事も忘れないで下さい。クレンジングや洗顔で顔をゴシゴシ擦らない・メイクの際は力を入れず優しく行う等を心掛けましょう。外的刺激に注意し、乾燥じわの悪化を食い止めましょう!

 

*長風呂をしない*

 

湯船に浸かる事は美容面・健康面でも素晴らしい効果を発揮します。しかし間違った入浴をしていると、肌の水分が蒸発し乾燥を招いてしまいます。肌に負担をかけずに入浴するには下記の方法を取り入れる事がオススメです。

 

・38~40度程のお湯で入浴する
・入浴時間は10分、長くても15分で済ませる
これらの事を覚えておいて下さいね。

 

しかし冷え改善・肩こり解消・ダイエット等の為に、もう少し湯船に浸かりたいという場合もあるでしょう。その際は入浴しながらパックを行う事がオススメです。又、入浴前に保湿オイルを塗るのも良いでしょう。

 

入浴中の乾燥を防ぎ、しわ改善効果と入浴効果の両方を得ましょうね。

 

乾燥によるしわは早めの対処が肝心!きちんとケアを行おう!!

 

今回は乾燥がしわを招く原因と対処法についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?肌が乾燥すると角質層のキメが乱れ、その時できた隙間がしわになります。できた時は小さなしわかもしれません。

 

しかし、しわ同士が繋がって深いしわを生み出してしまう可能性がありますので、早めの対処が必要です。保湿・マッサージ・紫外線対策等を取り入れ、乾燥じわを改善していきましょう。若々しい目元・口元・額を守る為に、今日からケアを見直して下さいね!